スポンサーサイト

  • 2013.04.25 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ちいさなちいさなおうち

    • 2012.06.01 Friday
    • 12:22
     こんにちわ。

    本日も雛雪さんの妄想世界へようこそ。

    ここから先は、妄想と現実のごちゃ混ぜおかしな世界ですので

    妄想や作り話の苦手な方は、ご注意くださいね。


    ちいさなちいさなおうち





    木いちご林を抜けて森の奥深く湖のほとりにその小さなおうちはあります。

    大きな楡の木の陰にかくれたそのおうちは、うっかりすると見過ごしてしまいそうなほどに

    ちいさなちいさなおうちでした。

    水色のお屋根のそのおうちには、ちいさなちいさなりすさんとうさぎさんが暮らしています。

    ふたりは、森に住む小鳥よりも臆病で貧しかったのですが、とても幸せでした。





    ちいさなおうちの中は、清潔でとてもきちんとしていましたし、ちいさなストーブの上では

    やはりちいさなやかん(このお家のものは、みんなとても小さいのです。)は、しゅうしゅう

    と湯気を立てています。

    窓には、洗い立てのピンクの糸飾りのついた真っ白なカーテンが風に揺らいでいます。





    台所からは、木いちごジャムの甘い匂いとどんぐりケーキの焼ける香ばしい匂いが

    家中に漂っていました。






    とりわけ、ふたりのお気に入りは、かわいらしいピンクのベッドルームです。

    ちいさな2つのベッドには、四角つなぎのベッドカバーが(リスさんは、とてもお裁縫が

    上手です。)かけられ、仲良く並んでいます。

    毎晩、ふたりは、おおきな天窓から見える星を眺めから眠りにつくのでした。



    けれどもこうしてまたふたりで暮らすことができるのが、ふたりにとっての何よりの幸せでし

    た。

                  
     
                                    to be continued


    普段、あまり生活感のあるお部屋よりもすっきりと統一感のあるお部屋をレイアウトするのが

    好きなのですが、今回は、りすさんとうさぎさんが実際に楽しく生活するために最小限必要な

    家具や小物を詰め込みました。

    引き出しや扉の中にもできるだけ実生活に近いものを収納しました。




    ですから少し、ごちゃごちゃとした感じのレイアウトになってしまいました。

    しかしながら、完成が近づくにつれ、二人の顔がいきいきと明るくなっていくような気がし

    これはこれで大成功かな?と思っていたりもします。

    本日も長々と妄想の世界にお付き合い頂きありがとうございました。

    次回は、ひつじちゃんとリスちゃんたちのお茶会のお話・・・・。

    スポンサーサイト

    • 2013.04.25 Thursday
    • 12:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      湖畔のお家、早速拝見させていただきました(^O^)
      可愛いふたりの仲良し生活が思い浮かぶ素敵なお家ですね。
      広いお家も魅力的です。でも、狭くても物がくっつきあって、溢れそうなお家ってなんだか安心できそうで惹かれました。続きとリスさんウサギさんに会えるのか楽しみです。
      • プクポコ
      • 2012/06/01 1:03 PM
      >プクポコさんへ<
      こんばんわ。ありがとうございます。
      ちいさなおうち、私も大好きです。
      シルバニアの大きなおうちは、出したり片付けたりするのが
      面倒で箱に入れっぱなしになってます。
      大きいと飾り棚に入りませんし、埃がつくとお掃除が
      大変そうなもので。
      それに絵本や物語のおうちは大抵、小さなかわいいおうちが多いですものね。
      大きな家のお金持ちは、おおかたが悪役?

      りすさんとうさぎさんは、只今お帽子を新調中なのですが
      うさぎさんは、ともかくもりすさんのお帽子は、初めてなもので四苦八苦してます。
      お帽子をなしにしてしまえばよいのですが、どうしても
      「お出かけには、お帽子を・・・」
      帽子好きなものですから、もう少しがんばってみます!!
      • 雛雪
      • 2012/06/01 9:30 PM
      靴箱に感動したeccoえっこです。
      ちょこんと揃えてあるところが んもうたまりません。
      あたしも木いちごのお家を出したくなりました。
      んんん〜。もうちょっと我慢。娘がもうちょっと大きくなるまで。
      靴箱、かわいいでしょ?そこに気づいてくださるなんて
      さすが、eccoさんです(*^。^*)
      シルバニア純正の靴箱も発売されていたようですが
      手に入りませんでした。(涙)かろうじて傘たては,GETできましたけれども。

      ふふふ、お嬢様のかわいさに負けてシルバニアを貸してしまうと地獄を見るかもです。経験者は、語る。
      • 雛雪
      • 2012/06/02 3:32 PM
      とっても楽しそう! そこが素敵、これからどんなストーリーが紡がれていくのか、楽しみにしています。
      りすさんとうさぎさんの関係は?気になるなぁ
      私の視点はずれているのでしようか、
      どんぐりケーキたべたいな。
      • たびまま
      • 2012/06/03 6:09 PM
      >たびままさんへ<
      二人は、おもちゃ屋さんの陳列台に並んでたっていました。
      ある日小さな女の子が、二人をお家につれて帰り、毎日それはそれは、楽しく遊んでくれました。けれどもやがて女の子は
      大きくなり、二人のことは忘れてしまいました。長い時間
      ふたりっきりで暗いおうちの隅っこでじっとしていました。
      ある朝、二人が、また誰かに遊んでもらえますようにとやさしいお母さんが、小さなおうちと一緒に二人を宅急便で送りました。そして今度は、ちいさな女の子では無く、大きなお友達
      雛雪さんのところへやってきたのです。
      (このお話は、フィクションですので実在の人物、出来事とは
      一切関係ありません。)
      • 雛雪
      • 2012/06/03 7:47 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      マイオークション

      マイ・オークションをごらんください

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM